スポンサードリンク

2006年09月27日

背中の痛み 対処法

おすすめ背中サポーター


背中の出っ張りの原因として過去のお尻の打撲があります。もしこの種の打撲経験があると矯正術としては
背中から頭にかけて引きつった感じになることがあります。
特徴は胸椎上部の突出です。触るとゴツゴツしていることがあります。
スキーでの打撲、階段からの落下などお尻の打撲経験があると、時間と共に悪化するのが特徴です。
また、胸椎下部や腰椎上部が広範囲に出ていると、ここから肩の先までの筋肉を引っ張り肩こりの原因となります。
これも背中の打撲のことが多いのです。
打撲歴を記述してもらえないと判断は難しいのですが、もしその経験があるならば矯正は可能です。


どちらの手を上げて痛むのか、両手なのか不明ですが、恐らく胸椎のズレが
発生したものと思われます。背中には僧帽筋と言う筋肉が胸椎にくっついて
いて、胸椎がずれれば手をうえに上げたり首の回転に制限が起き痛みが
発生しますカイロを専門にやっている所であれば3回も通えばかなりよく
なるはずですが・・・私の所ではそういう状態の症状は大抵1〜2度で
しかも4〜5分で解決していますが・・・そんな状態をマッサージで解決
しようとする施術院は避けたほうがいいですよ。筋肉が悲鳴をあげているのに
マッサージすると事態は悪化します。治療院を選ばないとカイロと看板を
あげていてもマッサージしか出来ない所が沢山あります。あくまで胸椎を
正常に戻してくれる所を探してください。
posted by 背中の痛み 痛い背中を直す at 14:50| 日記

背中の痛みを取り除く

腹筋と片方が縮むと片方が引っ張られる関係になっていて、普段鍛錬されないため弱くなってしまった腹筋が、筋肉へ負担をかけているのです。その他にも、椎間板ヘルニアや痙攣によるギックリ腰の痛みもありますが、腹筋が弱化していることが少なからずも痛みの要因の一つになっていますこういった状態での日々の健康法としてのが抹消です。背中の痛みは、代謝が悪くなっているケースが多く、おなかで痛みが取れます。

際、腕を上げると付け根から下にかけて痛みが走り、寝違えたものだと仕事をしましたが、午後になるにつれて付け根から痛みも強くなり、首も右側に向かず、寝返りも程痛みました。レントゲンを撮ったところ、後方に湾曲な為(歪みがある為)痛くなって当然と診断。
牽引とレーザー照射しました。その後23日で全く痛くなくなった訳ではなかったのですが、症状が大分軽くなったのでそのまま放置していたら、三日ほどまえからまた同じ部位が痛み出し、(今回は特に背骨)カイロに通ったのですが、夜中に痛みが増し、また前回同様寝返りも打てず、首も右に向けず、ともかく何をしても背中に響いて痛いという状態になった為、カイロの先生に相談したところ、背骨に何か痛みの原因があると思われるので、精密検査を受けるよう言われました。


posted by 背中の痛み 痛い背中を直す at 14:49| 日記

背中の痛み

背中の痛みについて


老人(40歳を過ぎるとすでに骨の変化がでて、脊柱の変形や椎間板ヘルニアを起こす人がいます)になると、骨粗鬆症が生じ、骨がもろくなります。
骨粗鬆症の患者では階段を降りただけで脊柱の骨折を起こす場合もあります。脊柱の病気としては椎間板ヘルニアや変形性脊椎症、神経根障害などがあります。
胆石は右季肋部痛のほかに鋭い痛みをもたらします。胸膜炎では発熱、呼吸困難、胸部痛とともに背部痛をもたらします。脊髄の悪性腫瘍(がんなど)、内臓のがんでも背部痛をきたします。 また、まれにみられる疾患として化膿性脊椎炎、化膿性椎間板炎があります。これらは細菌感染による脊椎の炎症で、背中には激痛があります。結核性脊椎炎(カリエス)でも背部痛がみられます。

◆対応と注意点◆
 ほとんどの背部痛は心配のいらないものですが、原因の項でも記したようにいろいろな病気からも背部痛が起こります。したがって、痛みがとくに強くなにかおかしいと感じた場合や、いつまでたっても痛みがとれない場合には一度詳しく検査を受ける必要があります。
 骨粗鬆症にはカルシウムの摂取とビタミンDの投与が必要です。食事に注意し、たんぱく質やカルシウムやビタミンDの多く含まれる食品を摂るよう心がけましょう。
 重い物を持ち上げる場合には腰だけを曲げずに膝の屈伸を使って持ち上げる工夫が重要です。また、日ごろから姿勢を正しくする努力も必要です。腹筋と背筋の強化は背部痛と腰痛に効果があります。

◆治療方法◆
 筋肉性の背部痛の場合は軽度の運動が効果的です。骨粗鬆症を起こしている場合にはビタミンD投与やそのほかの薬剤投与が行われています。変形性脊椎症や椎間板ヘルニアには手術が必要な場合があります。
 内臓性の背部痛はもともとの病気を治す必要がありますが、慢性の場合はなかなか改善しないことが多くあります。

◆診療科◆
 神経内科、整形外科、一般内科

posted by 背中の痛み 痛い背中を直す at 14:46| 日記